無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
I have a Dream today! 故キング牧師コレッタ夫人逝去
123


黒人公民権運動の指導者、故キング牧師の夫妻で凶弾に倒れた牧師の遺志を
 継ぎ活動を行ってきたコレッタ・スコット・キング、78歳)女史が逝去された。非暴力不服従を指針として夫の遺思を見事に引継いだ偉大な運動家だった。

・・ちょうど女子大の授業でキング牧師の演説のDVDを鑑賞したが、予想以上の反応だった。それに感化されたのだろうか。キング牧師や黒人差別を研究課題のテーマに選んできた諸君が多かった。力強いメッセージだった。
 
 しかし、私は気になったのはキング牧彼が享年39歳という事実であった。なんと・・自分と同じ年齢で逝ってしまったのか?志高き権力に立ち向かう勇気ある黒人青年が、現在の自身と同じ年齢とは驚きだった。あまりに驚き。
なんて立派な青年だろう。政治を学び教える人間として同い年としても、
醸しだす威厳に天と地の差がある。
 人生の様々なバックグラウンドが違いすぎることを感じた。自分が恥ずかしい。


 ・・だが、彼は私が生きることが出来るこの先の年齢を生きられないのだ。生きていることの素晴らしさと意味について考えさせられた。39歳、あまりに早すぎる青年の死よ。生きなければならない、魂燃え尽きるように。キング牧師のように。


 以下は63年の最も有名な講演の抜粋と和訳である。


I have a dream that one day this nation will rise up and live out the true meaning of its creed: "We hold these truths to be self-evident: that all men are created equal." I have a dream that one day on the red hills of Georgia the sons of former slaves and the sons of former slaveowners will be able to sit down together at a table of brotherhood. I have a dream that one day even the state of Mississippi, a desert state, sweltering with the heat of injustice and oppression, will be transformed into an oasis of freedom and justice. I have a dream that my four children will one day live in a nation where they will not be judged by the color of their skin but by the content of their character. I have a dream today.

I have a dream that one day the state of Alabama, whose governor's lips are presently dripping with the words of interposition and nullification, will be transformed into a situation where little black boys and black girls will be able to join hands with little white boys and white girls and walk together as sisters and brothers. I have a dream today. I have a dream that one day every valley shall be exalted, every hill and mountain shall be made low, the rough places will be made plain, and the crooked places will be made straight, and the glory of the Lord shall be revealed, and all flesh shall see it together. This is our hope. This is the faith with which I return to the South. With this faith we will be able to hew out of the mountain of despair a stone of hope. With this faith we will be able to transform the jangling discords of our nation into a beautiful symphony of brotherhood. With this faith we will be able to work together, to pray together, to struggle together, to go to jail together, to stand up for freedom together, knowing that we will be free one day.

This will be the day when all of God's children will be able to sing with a new meaning, "My country, 'tis of thee, sweet land of liberty, of thee I sing. Land where my fathers died, land of the pilgrim's pride, from every mountainside, let freedom ring." And if America is to be a great nation, this must become true. So let freedom ring from the prodigious hilltops of New Hampshire. Let freedom ring from the mighty mountains of New York. Let freedom ring from the heightening Alleghenies of Pennsylvania! Let freedom ring from the snowcapped Rockies of Colorado! Let freedom ring from the curvaceous peaks of California! But not only that; let freedom ring from Stone Mountain of Georgia! Let freedom ring from Lookout Mountain of Tennessee! Let freedom ring from every hill and every molehill of Mississippi. From every mountainside, let freedom ring.

When we let freedom ring, when we let it ring from every village and every hamlet, from every state and every city, we will be able to speed up that day when all of God's children, black men and white men, Jews and Gentiles, Protestants and Catholics, will be able to join hands and sing in the words of the old Negro spiritual, "Free at last! free at last! thank God Almighty, we are free at last!"



「私には夢がある。いつの日にか、ジョージアの赤土の丘の上で、かつて奴隷であった者たちの子孫と、かつて奴隷主であった者たちの子孫が、兄弟として同じテーブルに向かい腰掛けるときがくるという夢を。私には夢がある。いつの日にか、私の4人の幼い子供たちが肌の色によってではなく、人となりそのものによって評価される国に住むときが来るという夢を。私の父が死んだ土地で、メイフラワーの清教徒達が誇りとした土地で、すべての山やまから自由の鐘を鳴らそうではないか。もしアメリカが偉大な国であるのなら、これは実現されなければならない。」

「ニューハンプシャーの豊穣な丘の上から、自由の鐘を鳴らそうではないか。ニューヨークの稜々たる山やまから、自由の鐘を鐘を鳴らそうではないか。ペンシルベニアのアルゲニー高原から、自由の鐘を鳴らそうではないか。コロラドの雪を頂いたロッキー山脈から、自由の鐘を鳴らそうではないか。カリフォルニアの曲線の美しい丘から、自由の鐘を鳴らそうではないか。それらばかりではない。ジョージアの石ころだらけの山、テネシーの望楼のような山、そして、ミシシッピーの全ての丘から、自由の鐘を鳴らそうではないか!すべての山々から、自由の鐘を鳴らそうではないか! そして私たちが自由の鐘を鳴らす時、私たちがアメリカの全ての村、すべての教会、全ての州、全ての街から自由の鐘を鳴らすその時、全ての神の子、白人も黒人も、ユダヤ人も非ユダヤ人も、新教徒もカソリック教徒も、皆互いに手を取って古くからの黒人霊歌を歌うことができる日が近づくだろう。「自由だ、ついに自由だ、全能の神よ、感謝します。ついに我々は自由になったのだ」と。」


夢を持とう。希望を持とう。夢や希望とはこのような高邁な理想のことを指すのではないか。
「そしてついに自由だ、われわれはついに自由になるのだ。」
|  6条麦茶 | - | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
Comment
2008/08/05 9:29 AM posted by: キーE璽
ショートコメント
2006/03/23 4:39 AM posted by: tetracycline
me asians friends
2006/03/20 4:20 AM posted by: cialis dose
me asians friends
2006/03/19 2:48 PM posted by: home loan mortgage second
yooooy
2006/03/18 7:18 PM posted by: casino game poker yourbestonlinecasino.com
who is
2006/03/17 8:18 AM posted by: phentermine for sale
Good
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://gerogeros.jugem.jp/trackback/93