無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
1944.7.20

 
 シュタウフェンベルク大佐を主人公としたナチス末期の軍人によるヒトラー暗殺計画を題材に扱った作品。いわゆる「7月20日事件」として知られる同計画は未遂に終わったが、数ある反ナチ抵抗運動の中で「白バラ」に並ぶ最も著名な事件の一つとも言えよう。
 
 そんな意味で近年上映された「白バラ」「ヒトラー 最期の12日間」とは連作のように感じながら観ることができた。
 
 これらの映画に共通していることは、扱っているストーリーが歴史的史実に忠実であり、描写されている事件前後の日数・時間が非常に短く、その分役者の演技や表情、人間性が前面に出ているという特徴にあろう。日数や空間が限定されるとその分緊張感や臨場感は高まらざるを得ない。ヒトラー暗殺という歴史的事件に営む人々の手に汗握る緊張感や息詰まる臨場感を描写するという意味においては成功した映画である。これ以上の緊張感を感じる映画も少ない。また時代考証やディテイルに拘った演出、渋いキャスティングも重厚感を与えている。
 
 この映画の話題と評価の争点はやはり主人公シュタウフェンベルク大佐演じるトム・クルーズの存在であろう。
 トム・クルーズはいい演技をしている。素晴らしい仕事をしたと思える。
 しかし実際の主人公シュタウフェンベルク大佐は700年続く貴族の血を引く名門の出であり、バーデン・ヴュルテンベルク出身のカトリック教徒であるがプロイセン軍人の血筋をも引く優れた軍人であった。本物の彼はSSだけあって長身であり、トム・クルーズ真っ青の筋骨逞しい大変な美男子。ゲルマン民族の英雄を地で行くような貴族出身のエリート将校の彼がヒトラー暗殺事件の首謀者となりこれに失敗し処刑される。この悲劇性と英雄精神を観ればこの映画が極めてドイツ的な映画、格好の題材であるとも言えよう。
 このような「重く」「濃い」血筋を引くゲルマン的貴族の末裔を演じるにはトム・クルーズはスマート過ぎ、優男過ぎるのが印象に残った。彼の演技は高く評価できるし仕事の上で一片の狂いもないように思う。しかしながら、特殊ドイツ的なこの題材がアメリカ映画であること、英語であること、それと並んでリアリティーを求めるには主人公のキャスティングがこの映画の限界点かもしれない。但し以上の点は決してこの映画の客観的評価を貶めるものではない。 

 映画は前半と後半でリズムが異なる。後半は暗殺事件の息詰まるシーンの連続だが前半は少しゆったりとストーリーが進む。

 ヴァーグナーの『ヴァルキューレ』がこの映画のタイトルであり、暗殺後の軍部主導の制圧作戦名でもあるが、『地獄の黙示録』の爆撃シーンであまりに有名となったこの曲を映画ではもっと効果的に使用すべきだったように思う。これは後半部分の映画の流れとリズムが緊張感溢れるテンポで編集されたことに関係しているのではないか。
 
 この映画から感じられることは第2次大戦末期は情報戦となっていたことである。通信部の役割が政治的に決定的な役割を果たしたことも理解される。二つの異なる錯綜して流れる情報をめぐり、自身の命運を賭ける運命の選択と決断の瞬間が描写されている。地味な舞台ではあるが通信部の役割はこの映画を最も特徴づける描写とも言えよう。

「どちらの側につくべきか?」「誰が正義か?」「誰が勝利者となるか?」

 オルターナティヴの状況下、人間は果たして「どちらの側」につくか。

 それを選択し決断するのは人間である。この映画は信じるものと信じないもの、救われるものと救われざるものの分岐点を見事に描写している。この映画は人間の決断と勇気を描いた映画である。
 しかし最終的に審判を行うのは歴史であるかもしれない。

 

 

|  6条麦茶 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
祝WBC連覇 侍JAPAN乙
WBC
祝 WBC日本連覇!

通算5度目の日韓対決、これが本当の最終決戦であった。

日本は投手陣を軸に堅い守備とシュアな打撃で総合力に勝り
優勝。
 MVPはまさかの松坂に。
これは想定外ですた。


 10回表のイチローの打席の韓国側の敬遠をめぐる議論が問題となっている。
セオリーからすれば右のアンダーサイド投手VS左の当たっている打者、1塁が空いているので
しかもようやく開眼した世界のイチローが相手、敬遠策が妥当だろう。
韓国サイドの指示の不徹底が敗因となったが熱くなったバッテリーの若さが出たとも言えよう。

 しかしWBC閉幕後、阿佐ヶ谷で今年の学生にあってお茶したが全くおいらは放心状態・・ 聞き手役に回っていたがなんだか申し訳ないような気がしますた。

 学生の意外な趣味に驚き。バイオリンやらPC製作やらFXやら中東、アフリカやら
色んな話題が・・・(論文のテーマはシェラレオネの紛争ダイヤモンドという変り種)

 色んな出会いがあり別れがあります。

WBCともおさらば・・・
気が張っていた分、正直ちょっと鬱気味です。

あ、おいらは3月末まで帰省します・・

新社会人あるいは卒業した社方論のお前ら、元気でがんばってください!

おいらは陰ながら応援しておりまする。

それではみなさんごきげんよう。
|  6条麦茶 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ドイツW杯 決勝戦 観戦
ワールドカップ ドイツ大会決勝戦

 ベルリン オリンピアスタジアム FIFA2006W杯 ドイツ大会
 決勝戦 イタリアVSフランスの模様
|  6条麦茶 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
再開 祝ご卒業
  社方論2005年度の皆さん お久しぶりです。
皆さん昨日はお久しぶりでした。お元気そうで何よりでした。
それとご卒業おめでとうございます! 

早いものでみなさんもご卒業ですね。

進路の決まってない方も、就職する人もそれぞれの新しい人生、がんばってください。

TBがないのでしばらく中断しておりましたが、(簡単でいいのでコメントよろしく!)
気が向いたら書き込みまする。

皆さんの「それから」を聞きましたが、
おいらはその後、

あまり大きな変化もなく、研究&非常勤生活を送っておりまする。

年齢的に色んな面で厳しくなってきたので

「将来に対してぼんやりとした不安」

を感じる今日この頃

しかし天性の超天才的な気楽さで
中年人生をスルーしてきますた。

後期アラフォーは自転車と教育と研究に精進する所存でございます。

 その後の気になる方、詳しくはMIXIに書いています。
キーワードは「ぴょんちゃん」「村田藤吉」で探してみてください。
希望者はご招待致しますですハイ。

WBC日本哀号ですた。

皆さんに最後に会えて本当に良かったです。

それではまた。


|  6条麦茶 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
お久しぶりです。
 土佐 正月
正月あんぱんまん 久しぶりの更新。ほぼ放置状態でしたが見ている人がいるようで驚きました。
遠慮なくトラックバック下さいw

 今日は若い諸君と久しぶりに会ってタイ料理を食べて来ました。
遅れて申し訳ないorz
プチ同窓会でしたが、こういう会合を開いて頂けるだけで正直すごく光栄でした。
 
 追記報告ですが、今年の私の近況報告。
3月には共著が出ました。初めての出版物です。
4月に自転車デビューして、中年ポタリングを楽しんでいます。
新しい一年。社方論は今年は男子8人、女子6人で元気なクラスです。
現在論文作成中のようですがどうなることやら・・・
夏休みは外遊したりして金欠&疲れてました。
12月には出稿した雑誌論文が刊行されました。以前まとめていたものを焼き直したもので、個人的に大きな成果はなかったように反省もしております。
 正月。自転車を郷里に持って帰って乗ってました。山好き、峠好きの友人と一緒に緩めの峠を登ったり海を眺めに出掛けたり。それなりに楽しめてよいお正月でした。

 そんなわけで今日は仕事始でしたが、割とすんなりとモードに入っていけました。少しは慣れてきたせいでしょうか。
さて本日は男子全員出席&紅一点の出席でプチ同窓会でしたがこういう会合を開いて頂き内心は非常にありがたくうれしかったです。
皆さんも相変わらずで全く変わってなくて全く去年のまんまでしたw
何よりも元気そうで何よりでした。
 それぞれの道ですが元気でガンバって下さい。
今後の一層のご成長、ご発展を御祈り申し上げます。

 それではまた・・

 





 




|  6条麦茶 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
梅雨の合間に早朝ポタリング
132

 梅雨の季節がやってきた。今日もW杯を見終わった後にまたまた夜更かし。
ドイツの出だしは絶好調。クローゼがあたりまくっていて、フリングス、コー、シュバインシュタイガーもいい。司令塔バラックが復活した。
ドイツ国歌を歌った。一番はいい国歌だ。3−0で余裕の勝利。

樋口陽一の『憲法と国家』を読み始めた。
憲法愛国主義の項目は勉強になる。


 さて早朝、梅雨の合間を縫ってポタリングに。今日はスピードも乗って少しだけ遠出した。往復10kmほどだったが、南蔵院から学田公園あたりをフラフラと。学田公園の近くに農園がありここが極楽のような雰囲気。
緑が多いと心地よい。色取り取りの花々が咲いている。農園の小路には山登りの小路のような道が見えた。残念ながら自転車は入れなかったので写真だけ入り口で撮った。

 いい汗をかいた。風呂に入った。これから寝る。
あしたはイタリアVSチェコ戦だ。イタリア、地上波で観れるのは今大会初めてだ。楽しみです。サッカーと自転車の6月。



 さてさて梅雨の合間
 




MIXIにメインを移動したので関心のある方は招待します。当方までご一報下さい。
|  6条麦茶 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
 お前らお元気ですか? お〜いお茶のお日記
5

4


おまえらおひさしぶりです。久しぶりに更新です。

今日学校で会ったお前ら、お元気ですか? 
つうか生きてたw?
お元気そうで何よりでした。
 ・・ぢつはお茶のおじさんはお前らが元気でやっているかどうか実はいつも気になっています。(恥ずかしくていえませんがワラ)
 ・・けど元気そうで良かった良かった。

ぢ、ぢつは、お茶のおじさんはMIXIにも登録しており、そっちの方はさかんに更新しています。MIXIの方でアクセスしたい方はご一報下さい。
また見ている人いれば、TBください。



-----------さてここから日記に入ります--------------------------------


5月も末になり段々暑くなって来た。ご存知のようにお〜いお茶は夏に弱い。ハアハアだ。

(´Д`;)ハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハア

 という感じだ。2コマ連続の日は特にしんどい。ネクタイに汗が滲んでしまう。暑い暑い。喉の渇きも大変だ。だからお茶を飲みまくっています。
クールビズなるものが昨年から話題になっている。ちょうど洋服店の割引券がたまっているのでノーネクタイ生活にしようかと本気で思っている。
 あまり意味はないとい思うが授業中はいつもネクタイをするのがポリシーだった。しかしネクタイすると授業がしんどい。暑くてしょうがない。少し歩けばもう大変。安い値段でいけそうなら、クールビズにするかもです。お前らよろしく。

 さて写真は先日天気のいい日に近所の公園で撮影したわがシルクロード一号であります。夜の写真は練馬の光が丘まで遠乗りした時の目白通りの写真です。
 写真をみればわかると思いますが漏れは現在この自転車にぞっこん惚れ込んでいます。色々な人に褒めてもらってますが、我ながら美しい自転車だと思ってます。お前らもご覧になってくださいw
 つうか最近のロードにはない格調の高さと上品さと渋さがあると思います。性能や重さでは最新式にはかないませんが・・・

 今日もお仕事で南○○に出掛けました。最近駅前のスーパー内の回転寿司に凝っています。これがシャリの量が多くて500円で結構な量です。意外な安上がりで暇な方はお試しあれ。火あぶりサーモン、するめイカ、花咲サラダ、うなぎのトロ、鯵と今日は6皿食った。ウマ-だった。
 
        お前ら、寿司食いねェ!

 少しまじめなおはなし。
 今日は国旗や国歌の話をした。留学生が中国の某省では国歌斉唱は中学以降は任意だそうだ。歌っても歌わなくてもいいらしい。意外に自由だなと思った。97年の国旗国歌掲揚法案施行以降の世代なので、国歌斉唱は常識化しているようだ。今日のあるクラスは全員が小中高時代に国歌を斉唱していたらしい。漏れの出身県はド田舎だが日教組が強く国歌斉唱など論外という雰囲気だった。公立学校では国歌斉唱率は全国でダントツの最低だった。
某県は文科省から指導されたはずだ。今は普通に歌っているんだろう。

 愛国心という基準が出来るという話があったが、どうやって評価するのだろう?漏れなんかはある意味満点だと思うが文科省的には最低だろう。
 左翼も右翼も実は愛国主義者のはずだ。左翼の方が愛国心は強かったりする。話を詰めていくと左翼も右翼も分かり合えるはずだ。ああ、分かり合いたい・・明日は雨かしら?


 
|  6条麦茶 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
多摩湖自転車専用道路ポタリングデビュー
12453

GWは天気が良好だ。今年はGWにうちにポタリング・デビューすることを密かな目標としていた。
・・ぢ、ぢつは昨日寝坊して快晴だったにも関わらずチャンスを逸してしまったのだorz
この絶好の機会は今日が最期のチャンスと思っていたので自分にしては早目に起きて頑張って出掛けた。
しかし漏れのシルクにはボトルケージがない!
ボトルケージの存在が如何に重要かを知るのは走ってから後だった。いや少し以前に走ったことはあるので色々試してみたがフレームに傷をつけたくないので未だ実現できてない。サドルバッグにボトルを入れようとしたが、思いのほか容量が小さく、鍵や財布やデジカメやカロリーメイトを入れたら満杯だった。200ccほどのミニボトルしか入らない。今後の課題とします。

さて、出発はかなり遅れてしまった。ポカリの小ボトルを買って準備万端?で出掛けた。シルク本格的デビューの瞬間である。目標は埼玉の多摩湖である。一応県外である。

今日は暑かった。都心の昼は暑くて、早稲田通りから五日市街道に着く頃にはかなりバテテしまっていた。職場にしている某校で小用を借りようとしたら不審者と思われたようで
「何の御用ですか?」
「あ、あ、あのお手洗いを借りたいんでつが何か?」
「しょうがないですね」

つうか漏れ一応ここの職員なんですけど!!

サイクリストの振りをしているつもりの漏れは不審者扱いされて少し凹んでしまった。しかしまだ先は長い。
武蔵境の多摩湖自転車道路の入り口までは長かった。
休憩したので小一時間問い詰めたい、ぢゃなかった小一時間かかってしまった。暑さで結構バテテしまった。
ようやく案内板が見えた。おお、目の前には自転車専用道路がまっすぐ伸びているではないか!

多摩湖自転車専用道路キター━(゜∀゜)━ッ!!

し、しかし、ようやくスタートラインだ。ここからが菖蒲の湯、いや勝負であります。
ここまでは遠く感じたが、ひと汗かいてウオーミングアップとしてはちょうど良かったようだ。ここからペダルが進みだした。

結論から言うと、多摩湖を一周するサイクリングコースは最高だった。100Mの標高差があり、アップダウンが結構あった。
この起伏の具合がちょうど良かった。良く写真で見る多摩湖(東村山貯水池とも言う)の建造物が見えた。なかなか立派な建物。新緑のこのサイクリング・コースは最高だった。

帰りに武蔵大和駅で超遅めの昼飯を食べた。ローソンがあったのでのり弁とポカリの1リットルとカロリーメイト2本を買った。ローソンの近くで弁当食べるのに良さそうな路地を見つけ、道端で食べた。ああ、運動した後のご飯って本当においしいものなんだなぁ。こんな感覚は中学、高校以来の気がした。
やはり運動不足だなぁ。

ところがっ!
のり弁当を満喫していたら、急に集団が大挙して漏れの前を通り過ぎていくではないか!

しかし良く考えると緩やかなスロープの下で漏れは弁当をかきこんでいたのだが、そのスロープの上には「西武線武蔵大和駅」があったのだ!坂の上に駅ってなんかヘンだが、ようするに漏れは駅の入り口でのり弁を食っていたのだ。

みんなの冷たい視線ビームがっ!!のり弁、いや漏れに突き刺さる!


さらにその後、近くの高校生らしくヤングな集団がジャージで漏れの前を歩いていった。「あれ、●ジキ?」と囁く声が耳に入った。
汗まみれで無精ひげで道端でのり弁を食っている漏れはどう見ても不審人物かBeggerであった。
そう言えば彼らが駅の近くや地下道や公園で余り物の弁当を貪り食っている光景を見たことがある。
しかしこのあたりはBeggerにとっては危険な地域、漏れは食うことに集中してひたすら食った!(まさにBegger的?!)
だがしかしそんなことで凹む漏れではない!!

余計な思い出が出来てしまったが、多摩湖のコースは素晴らしく気持ち良かった。最高のサイクリング。風と新緑が肌と目に爽やかだった。
多摩湖サイクリングコースは自動車通行止めの柵が多く、スピードが乗らなかった。さらに出発が遅かったため夜間走行となってしまい結構危なく思った。サドルの位置やハーテープの固さが気になった。それ以外はわがカタクラシルクは最高のパフォーマンスを示してくれた。

しかし、家路に着く頃には両足が疲労で攣りそうになっていた。暑かったしギアが重いし60km以上の走行は久しぶりだった(中学卒業時に150km走行経験あり)のでムリもない。また途中で道に迷ったがこれえがとんでもないキツイ坂道を下がって登ってですごく体力的なロスになった。以上反省点も多いが
実に満足できた経験だった。
中年自転車乗りデビューの一件でありました。
|  6条麦茶 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
GW初日 吉祥寺シャポーリュージュでメンチカツを食う
GW開始。世間では4月末から始まっている人々もいそうだが
漏れは仕事の関係で昨日からだった。

昨日は病院逝ったりお洗濯したり部屋の整理したりしたので、実質的にGWは今日が初日だ。

昨日は急に寒くなって雨の一日だったが今日は見違えるような晴天。風がやや冷たかったが、GWとしてはいい一日だった。

吉祥寺で知人と食事。久しぶりに会う。いつもイタ飯屋に逝っているのでたまには穴場を探しに逝こうと思い深夜ネットで検索していた。
そして見つけたのがChaPeauRouse(シャポーリュージュ)という西欧料理店。自転車屋を眺めてその後、あらかじめ探してあったこの店に入った。
3階は狭いスペースだったが、入ったときはガラガラだった。
ここでメンチカツセットとデザート(ババロアとコーヒーセット)を注文。これが激ウマ-だった!!
メンチカツとライス、スープ付きで1050円というこのお値段(ババロアつけると1500円ほど)、シルクスクリーンなどが飾ってありBGMもクラシックでとても落ち着いた雰囲気。3階というのも良かった。サービスも満点だった。コーシーがインスタントレベルなのとWCが2階なのがやや難点だが、それ以外は抜群だった。
ご飯もいい米を使っている。ご飯がおいしかったのが印象的。

メンチカツはチーズが入っており、ナイフで切るとチーズが間からとろけて出てくる。揚げ具合も抜群で、さくさくとしたパン粉、ミンチも練り方が良く、パンプキンスープも抜群にウマ-だった。

ううむ、やるなシャポーリュージュ。
入店の時は女性客一人だった。スープを飲んで帰っていったがスープだけでも価値あり。またババロワのオレンジソースかけが抜群だった。やわらかいババロワは絶品の弾力性があった。

ふと周りを見ると、わずか一時間ほどで店内は満員だった。
下のフロアに行くと3,4人待って並んでいる客がいた。流石にいい店は良く知られているものだ。いい店だった。

これで1500円少々。ランチタイムではなかったので抜群の予算と味と言えるでしょう。

評価:味☆☆☆ 値段☆☆ 店の雰囲気☆☆☆ サービス☆☆☆


感想:

吉祥寺は少し予算を出せばかなりいい食事が出来ることがわかった。生郎で喜んでいるようではまだまだ漏れもB級グルメだ。つうか「はなまる」や「富士そば」や「COCO壱」がいきつけだからなぁ。たまにはイイもの食わないと。

その後南口の行き付けの喫茶に。ココアを飲む。ミルクベースの本物のココアだけあって流石にこれも旨かった。

とりあえず旨ければ漏れは満足なのだ。
それにしてもGW実質初日の吉祥寺は大変な人出であった。
無茶込みであった。アーケードを五日市街道まで歩いたが、果てまで混雑していた。ぶらぶらショッピングには最適かもしれない。しかし漏れにとっては本屋がイマイチなのと古本屋が少ないのと小奇麗なところが苦手な点である。

家に帰るとニュースで伝統の巨人阪神戦のニュースを見た。
2−0で巨人地味に完封リレー。工藤3勝目。これは優勝を感じさせるような雰囲気が出て来た。地味に勝ちパターンを創っていくと本当に強い。地味に強いというのは本物の強さだ。ガンガレ巨人。

てなわけでGW初日はウマ-な一日であり巨人も勝った。
なんつうかいい一日だった。あ、そうだ、国民投票法案反対。憲法9条マンセー!!



|  6条麦茶 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
池袋でふぐ料理を食べる
今夜池袋に出掛けた。
祝いの宴で奮発してふぐ料理の店に行った。
出版記念祝いの飲み会だが、肝心の編集者が出版と同時に会社を退職してしまった。おかげで出版記念は普通出版社持ちなんだが今夜は珍しく自腹の出版記念祝いの飲み会だった。
しかもよりによってふぐさしだ。てっちり鍋だ。ふぐ雑炊だ。
ふぐ三昧。ふぐさしをまともに食うのは初めてだった。
漏れの出身地、南四国ではあまりふぐを食べる機会がない(と思うが違った?)

ふぐは実にあっさりしていて粋が抜群だった。鍋料理のときに切り身の山盛りが出たが、切り身になってもまだピクピク動いていた!驚きである。

ふぐさし→てっちり鍋→ふぐ雑炊→デザート
というフルコースだった。しかしながら飲み食いして一人当たり7000円強というお値段。非常勤という卑しい身分の漏れにはあまりに不相応な食事である。UFOとかラーメン生郎が最高のご馳走と思っているチープな人間に一食7000円はキツイ。7000円あれば一週間は生きて行けるではないか?

ふぐは歯ごたえがあった。珍しいものとして「ふぐのひれ酒」があった。これはなんというか絶品だった。日本酒は苦手だが、抜群だった。ふぐのひれを焦がして炙ったものを
湯のみに入れて、日本酒の熱燗を注いで飲むという逸品。
最高の贅沢だ。なんか体に良さそう。体があったまる一品。

お祝いの宴だけあって終始和やかな雰囲気。気難しそうな編集者も今日だけはにこやかだった。会社を辞めちまったからか吹っ切れた様子だった。新聞の募集で新しい職場(同じく出版社)を見つけたらしい。

なかなか専門書の出版事情は厳しい様子だ。専門書など教科書かマニュアル本以外は売れるものではない。売れるはずのないものを本にして市場に出そうとする編集者は変態か奇人か聖人である。そういえば中小の骨のある出版社は奇人が多い。しかし職人肌の人って好きだ。骨のない奴が多いから骨のある奴が好きだ。ふぐの骨を結構バリバリ食った。
嗚呼、骨のある人間になりたい。
池袋でふぐ料理を食うの巻ですた。
|  6条麦茶 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |